私は歌謡曲が大好きで

自分の曲作りの原点にもなっている

 

なんで好きかと言われたら

哀愁があり

一つの映画をみたような

曲だから

 

だから今までは、そこを原点にしてそのまま

作ってきた

 

そしてたまたま始めたランニングがきっかけで

「シンガーソングランナー 」

という肩書きをもらった

 

それまではピアノで曲をつくり

サポートミュージシャンに演奏してもらうことが多かったが

 

野外演奏が多いので

ギターを始めた

 

ギター一本でステージを完成させなければいけない日が増えた

 

自分の音楽を見つめ直す時間が増えた

「このままだったら、このままだな」

と心から思った

 

 

それから

好き嫌い関係なく

いろんな音楽を聴くようにした

半強制的に

 

今まで見るべきだった世界を

拒絶していた自分に気づいた

 

 

自分の中にあるものだけで

音楽をつくろうとしていた自分がいたけど

それは違うことに気づく

 

 

インプット

アウトプット

音楽の事以外でももちろん必要だけど

 

音楽が必要だ

 

ゲームでアイテムをどんどん増やしていくような

もちろん厳選しながら

 

ギター一本で世界を回って

魅了するエドシーランのライブ

 

音楽を引き立たせる

映像と共に

 

とてもいい時間をもらった

 

新しかった

 

いろんなことが新しかった

 

「歌謡曲が好き」

という自分に固執して

新しいを拒絶していた自分を

 

今少しずつ変えていっている

 

36歳で

 

これから音楽を始めてようとしている

 

自分に

「こんなんでいいのかー」と

突っ込みたくなる自分もいるけど

 

まずは一枚

「どやーー」

 

と言える一枚を今年中に作る

 

そして

聴いてくれる人に

 

夢を

希望を

見せたい

 

聴かせるんじゃなくて

見せたい

 

今、大きな不安を抱えながら

こんな文章を書いている自分を

 

未来の自分が

「こんな時あったわーー」

 

と笑って言えるように

とにかく頑張るしかない

 

頑張らないなら

やめたほうがいい

 

だから

頑張るしかない

 

後悔しない

未来を生きるために